昔からの生態系を守り抜く|害獣駆除を徹底しよう

男性

様々な被害をもたらす害獣

鼠

害獣駆除を行わなければ生活に悪影響が出てしまいます。農作物被害や住宅の被害などです。襲われて怪我をする恐れもありますので、早めの対応をしましょう。専門業者に依頼をすると解決することができます。

Read More

鳥獣保護法に気をつけよう

イタチ

鳥獣保護法に守られている害獣もいます。むやみに捕獲や駆除をすると罰せられる可能性があるので、害獣被害に遭っている方は害獣駆除業者に依頼して駆除をしてもらいましょう。

Read More

比較をして賢く業者を選ぶ

ハクビシン

全国の害獣駆除に対応している業者があります。年中無休で営業している業者を利用することで急な被害にも対応することができます。料金やプランでいろいろな業者を比較して決めましょう。

Read More

生態系を壊している原因

屋根裏

大陸から分断されている日本では、独特の生態系を持った希少性の高い動植物が数多く存在しています。国が指定した動植物は厳重に保護されていて、捕獲したり殺してしまったりすると犯罪になってしまうのです。人間の住む地域が少なくなっていき、森や山などを削って住宅などにしているので、そういった動植物に悪影響を与えています。人間も生態系を壊している一部なのですが、よその国から入ってきた動物や植物によって数が減少していることもわかってきています。本来日本にいるはずのない外来動物は数多く発見されていて、自然被害や農作物に被害をもたらすので害獣として認定されています。害獣駆除をしなければ、日本の豊かな生態系を崩されてしまいます。害獣駆除を徹底するためにも、害獣の種類を把握しておきましょう。害獣を見つけた際、害獣駆除の専門業者にすぐに依頼をすることができるようになります。害獣として認定されている主な動物は、アライグマやキョン、ヌートリアやタイワンリスなどです。草食動物が多く、日本に自生している貴重な花や木などに悪影響を及ぼしています。また、アライグマは獰猛な正確をしていて、猫や犬を噛み殺してしまうこともあるようです。人間にも噛みつくことがあるので、実被害も出てくるでしょう。早めに害獣駆除を依頼することで身の回りの安全にも繋がりますし、貴重な生態系を保護することになります。害獣被害は年々増えてきています。ひとりひとりがしっかりと害獣を理解して害獣駆除をすることで、本来の日本の自然や暮らしが守られていくのです。昔からの生態系を守り抜きましょう。